ダイニングテーブルの素材の違い

ダイニングテーブルの素材の違い
テーブルの素材や塗装の違いで、お手入れや風合いが変わります。

素材や塗装のご紹介

木材

<無垢材>

1本の丸太から、必要な大きさを切り出した木材。天然木そのままの温もりが感じられる素材です。

木目の様子や色合いは、同じものはなく1つ1つの商品ごとに異なります。まさに一期一会の無垢材です。

Living暮らし通販店でも、無垢材を使ったダイニングテーブルセットを取り揃えております。

 

 

<ウォールナット材>

仕上がりの木目も美しく、深みのあるウォールナット材。

古くから高級家具や楽器などにも使用されてきました。世界三大銘木の一つに数えられている、高級木材です。

また大聖堂など格式の高い施設などにも使用されております。

 

 

<オーク材>

耐久性に優れているオーク材です。古くから、ワインやウイスキーを熟成させる樽の材木にも使われておりました。

木目も美しく、永く使える木材です。オーク材の色合いも、ナチュラル系なので、ダイニング空間を明るく演出してくれます。

 

 

<タモ材>

ナチュラルで温かみのあるタモ材です。美しい木目が味わえ、お部屋全体を温かい雰囲気に包み込むような優しい雰囲気があります。

どこか親しみやすい木材なので、毎日使うダイニングテーブルにも最適です。

 

 

<マホガニー材>

世界三大銘木といわれているマホガニー材です。光沢もあり木目が美しいのが特徴です。

長い時間をかけて育ったマホガ二ーは、永く使われる家具がつくられます。使いこむほどに、落ち着いた風合いになります。

 

 

<パイン材>

マツ科のパイン材はいわゆる松の木です。柔らかくて表情豊かなパイン材は、軽さがあり時間がたつほどに、つややかな飴色に変化します。

カントリー調やヴィンテージテイストなどにも使われており、使いやすい木材です。

 

 

<ナラ材>

寒いロシアや北海道が産地の木材です。ナラ材はオーク材の仲間とも言われておりますが、産地の違いから呼び名が変わっております。

欧米が産地のナラの仲間は、ホワイトオーク材などと呼ばれております。木目も美しい、ナラ材です。

 

 

<チーク材>

材質が固く耐久性があるチーク材です。チーク材はマホガニー材とウォールナット材にならぶ、世界三大銘木の一つです。

水にも強い性質があります。

 

 

<メイプル材>

明るく優しい色合いのメープル材です。

ナチュラルな色合いが親しみやすく、古くから家具などにも使われておりました。暮らしの中に溶け込むような親しみやすい雰囲気があります。

 

 

<ヒノキ材>

ヒノキ材は、日本では古くから建築材料として使われておりました。加工しやすく、緻密で狂いがない木材とされております。

日本では、強い香りを長期間放つ木材として、リラクゼーションの場などに用いられてきました。

 

 

<スギ材>

軽くて柔らかいスギ材は加工しやすい材木です。建築や家具の材料では、集成材として使われることが多いです。

 

 

<チェリー材>

すべすべとした肌触りの温かみのある木材です。少しピンクがかった色合いが、優しく包み込んでくれます。

時間とともに、濃い色合いに変化する特徴があるチェリー材です。

 

 

 

その他の素材

<ガラス材>

・透明なガラス

天板部分に強化ガラスを使った、ダイニングテーブルもございます。そのまま反射するので、テーブル上を華やかに演出することも可能です。

太陽や照明の光の加減によって、様々な表情を見せてくれます。

 

・ブラックガラス

ガラス素材の中には、ブラックガラスを使用しているダイニングテーブルもございます。透明なガラスとはまた異なった表情を見せてくれます。

ダイニングテーブルの一部に、ガラス素材を使用している天板もございます。

 

 

<スチール脚>

ダイニングテーブル脚にスチール製の素材を使っていることもあります。

天板の天然木と、スチール脚の組み合わせもおしゃれです。異質な素材の組み合わせが楽しめる、おしゃれカッコいいスタイルや、ヴィンテージテイストなどに使われたりします。

 

 

塗装・仕上げ

<ウレタン塗装>

ウレタン塗装は、テーブルの表面に膜を張った仕上がりです。

膜のお陰で、水にも強くお手入れも簡単です。天然木の木目はきれいなまま残してくれます。

 

 

<オイル仕上げ・オイルフィニッシュ>

オイルを使って仕上げます。

乾燥に弱く、乾燥するとヒビががいることもあります。そのため普段からワックスがけなどのお手入れが欠かせません。

無垢材やヴィンテージテイストの仕上げでよく使われております。

 

 

<ラッカー塗装>

ラッカー塗装は、ウレタン塗装とオイルフィニッシュの中間の仕上がりです。

木の表面に薄い膜をつくってくれます。オイルフィニッシュより水に強く、ウレタン塗装より水に弱い傾向です。

 

 

<鏡面仕上げ>

鏡面仕上げは、天板の表面が鏡のように反射します。

ホワイト系のカラーは、お部屋を明るく反射してくれます。ブラック系のカラーは、上品に反射してくれるでしょう。

鏡面仕上げのダイニングテーブルは、上品で華やかな印象となります。

 

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Living暮らし通販店